すぐにでも海外旅行に行きたい方には【タイ旅行】がおススメ | NaNa Club 完全オーダーメイドのオリジナル海外個人旅行

完全オーダーメイドのオリジナル海外個人旅行ならNaNa Club

facebook
ナナトラ

旅の執事「ナナトラ」が真心こめた
おもてなしをさせていただきます。

新サービス

宿泊予約運用代行サービス Plus 開始のお知らせ

すぐにでも海外旅行に行きたい方には【タイ旅行】がおススメ

 

すぐにでも海外旅行に行きたい方には【タイ旅行】がおススメです。
(感染者数が低いレベルで安定、入国条件が大幅に緩和)


■感染状況
6月上旬時点で1日平均2,692人(4月上旬=ピークの10%程度と減少傾向)

■タイに入国する外国人旅行者の入国要件(6/1~)
◎外国人(日本人):タイランドパスの申請が必要
*タイランドパス申請に必要な内容
①パスポート情報
②ワクチン接種証明
③US1万ドル補償医療保険

<ワクチン2回以上接種者>
空港到着後、タイランドパスを提示、入国審査を通過すれば自由にタイ国内を移動可能

<ワクチン未接種、1回のみ接種者>
出発前72時間以内にRT-PCRテスト、または医療従事者による抗原検査(ATK)による陰性結果をタイランドパスに申請し、許可されれば自由にタイ国内を移動可能。

※現在、タイ政府内で外国人に対する「タイランドパス」廃止が議論されています。(近々廃止の見通し)


■マスク着用義務
タイ政府は近く、新型コロナウイルス感染症対策の公共の場でのマスク着用義務を解除する見通し

■街中の様子
<バンコク>
タイではパブ、バー、カラオケの営業が6/1に再開され、市内の観光客も増加の傾向が見えています。
一般の企業に関しては在宅勤務から出社へと勤務体系をシフトさせており、市内の交通機関等の混雑具合もコロナ前の70%程度まで戻っています。

また渋滞等に関してはコロナ前の60%程度ですが、観光客・渡航者が増加すれば、この渋滞も増加するものと予測されています。

<プーケット>
街中の様子は通常通りの生活が送られています。
島内各地の観光地は、タイ人を始め海外からの旅行者で賑わっており、インドや中東系の外国人旅行者の姿も多く見かけるようになりました。またマスクを着用していない旅行者の姿が目立ちます。

◎タイの渡航情報はこちらから

Back to TOP