持込・禁止制限品|ゆっくり、ゆったり旅の「スローツーリズム」をご提案します。<ご夫婦、ご家族、女性グループの記念旅行、添乗員付き旅行>

メールお問合せ
お役立ち情報
持込・禁止制限品

【海外旅行における輸出入禁止品目】

持込・禁止制限品

•高級ブランド品の偽物、コピーソフトなど(特許権、著作権を侵害するもの)。
•ワシントン条約や植物免疫法などで禁止されている動植物。
※毛皮製品、漢方薬などに注意。
•アメリカ、オーストラリアなど農業国への農作物(果実や種)の持ち込み。
•火薬、銃、刀剣およびこれらの部品・薬物、麻薬類とその吸引具。

※国によって特殊な例もありますので出発前にご確認下さい。

【海外旅行における輸出入禁止品目】

持込・禁止制限品

海外旅行のお土産として、ハム、ソーセージ、ビーフジャーキー等の肉製品はここ数年BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザ等の家畜の悪性伝染病が発生している為、持ち込み制限がされています。

持ち込み条件
(1)検査証明書がついている。
(2)検査証明書発行国と販売国が同じである。
(3)検査前まで未開封である。

など、いくつかの条件をクリアしなければなりません。
現状ヨーロッパでは日本に持ち込むために必要な検査証明書が添付されて販売されている肉製品はほとんどなく、日本への持ち込みは困難です。
また、アメリカ(ハワイ、グアム、サイパンを含む)、カナダで販売されている牛肉加工製品については、牛肉の輸入再開後も引き続き輸入停止になっています。
この2カ国については、検査証明書が添付されていても持ち込みができませんので、注意が必要です。

【植物・動物の検疫】

持込・禁止制限品

海外で購入した植物や動物、食肉・食肉加工品(ソーセージ・ハム等を含む)を国内に持ち込む場合、必ず入国時に検疫を受けます。
滞在国やその時の情勢等によって、持ち込み禁止品が細かく分類されているので事前にチェックください。

【植物・動物の検疫】

持込・禁止制限品

日本帰国時、酒類・タバコ・香水は一定量内であれば免税になります。
その他の品目は限度枠が定められています。
2008年2月1日より日本に入国する全ての旅客は、必ず税関申告書の提出が必要となります。
税関申告書の提出はテロ防止や国際犯罪組織による密輸入を阻止すると共にスムーズな入国手続を目的とします。
また、同伴家族の場合、1枚の税関申告書に記入して提出出来ます。

    品名    免税限度            備考
酒類 3本 1本760ml程度
たばこ 紙巻 200本
葉巻 50本
その他 250g
各タバコの免税数量は他のタバコが無い場合の数量
香水 2オンス 1オンス=28ml
その他のもの 20万円
(海外市価の合計額)
一品目ごとの合計が1万円以下の品目は原則として免税